ヒゲの青みを改善いたします!青ヒゲの原因と解決方法まとめ

皆さま、こんにちは!
メンズ脱毛専門店Oscarをご覧頂きありがとうございます!

ヒゲの青みを改善いたします!

青ヒゲの原因と解決方法まとめ

青ヒゲ

青ヒゲは、見た目にもあまり良い印象を与えませんし、毎回深剃りしているので肌荒れなども引き起こしやすくなってしまいます。

青ヒゲになる原因にはきちんと理由があることをご存知でしょうか?
青ヒゲに悩んでいる男性に向けて、青ヒゲになってしまう原因と、解決方法について詳しくご紹介していきます。

是非こちらを参考に、お悩みの青ヒゲを改善していきましょう!

青ヒゲとは?

青ヒゲとはヒゲを処理してもお肌が青く見えてしまう状態を言います。

ヒゲは皮膚の皮下組織から表皮まで存在しており、黒く濃いヒゲが皮膚の肌色を透過して見えるため青くなります。 青ヒゲは、どんなに丁寧に剃ってもどんなに深剃りをしても目立ってしまいます。

『外人『白人』の方は、なぜ青ヒゲにならないの?』という質問を多くのお客様から聞かれます。
白人の方は体内の色素が薄くヒゲの色が黒ではなく茶色く生えてきます。ヒゲだけでなく髪の毛・体毛・陰毛と、全ての毛が茶色くなっています。元々の毛色が薄いため青ヒゲにはなりにくいのです。
日本人でも白髪ヒゲの男性は、毛が太くて多くても青ヒゲにはなりません。
また、ヒゲが生えていても青ヒゲに見えない男性もいます。
青く見える理由には、ヒゲの太さと密度とお肌の色が関係しているからです。
ヒゲ1本1本が濃く・太い毛の本数が多ければ深剃りをしても毛の色が目立ちます。
そして、お肌が色白な方はより目立ちます。青ヒゲ改善として、日焼けをする男性もいらっしゃることでしょう。
ですが日焼けは一時の改善になりますが、肌老化(特にシミ・しわ)の原因となるのでできるだけ避けた方が良いです。
皆様の5年後・10年後・30年後のお肌のためにも、ヒゲ脱毛でお肌の負担を抑えながらの青ヒゲ改善をおすすめしております。

 

周囲からの青ヒゲの印象は?

昔では、ヒゲは男らしさの象徴として人気でしたが、近年において男性に求められるのは「清潔感」です。
青ヒゲはどちらかというと好印象に捉えられないケースが増えているようです。
特に、就職活動などのフレッシュな第一印象が重要な場面でヒゲをキレイに整えておくことで、清潔感と几帳面というプラスな印象を同時に与えることができます。

青ヒゲは実年齢より上に見られる場合もある?

ヒゲの生える量は、40〜50代がピークとされてあります。
その理由もあるせいか、「ヒゲ=老け顔」という印象を持つ方も少なくないようです。
いつまでも若々しく見られることを目標に、日々のお肌の手入れや、ファッションを気に掛ける方は大勢いらっしゃいます。
ヒゲをファッションの一部として楽しむこともできますが、お顔立ちに合わせたデザインに整えることで、大人の貫禄を残しつつも若々しい印象を与えることができます。

青ヒゲがない方が顔が明るく見える!

ほどんどの日本人はヒゲが黒いため、ヒゲが生えていると顔が暗く見えてしまうことがあります。
それを気にすることで暗い表情や自信のない様子に見えることもあり、輪をかけて顔の印象が暗くなっていきます。
ヒゲは物理的にも心因的にも顔を暗く見せます。
青ヒゲがなくなれば、お肌のトーンが明るくなり、美しい肌に自信がついて表情を豊かに変えてくれます。

 

青ヒゲになってしまう原因は?

青ひげ Q&A

どうして青ヒゲができてしまうのかというと、カミソリなどを使用しヒゲの処理を行っても、

実際は、お肌の表面に出ていた毛だけを剃った形になるため、お肌の奥に残っている毛はそのままの状態になってしまいます。

その残った毛は皮膚に透けて見えることで、黒ではなく青く見えてしまいます。これが青ヒゲの正体です。
そのため青ヒゲは1本1本のヒゲが濃ければ濃いほど、青ヒゲに見られやすいですし、お肌が白い人の方が毛も目立ちやすい為、青ヒゲに見えてしまいます。

青ヒゲを改善しようと深剃りをする方もいますが、

結局カミソリで、お肌の奥にある毛までは取り除くことはできないため、青ヒゲはいつまでも改善されないのです。
また、今まで青ヒゲは気にならなかったのに、突然青ヒゲが目立つようになってきたという方もいらっしゃいます。

このような方は何が原因で突然青ヒゲが目立つようになってしまったのでしょう?考えられる原因をご説明します。

 

刺激の強いカミソリやシェーバーの押し当て使用

髭剃り 男性

刺激の強いカミソリやシェーバーというのは、刃が何枚も備わっているようなシェーバーなどのことを指します。

商品の中には根元まで深く剃れることをアピールする商品も見られますが、

刺激の強いカミソリやシェーバーを使用されると青ヒゲがさらに悪化する恐れがあるのです。
なぜ、刺激の強いカミソリやシェーバーを押してて使用すると青ヒゲが悪化するのかというと、元々体から毛が生えているのは、お肌を守るためだと言われております。

そのため、お肌に強い刺激が加われば脳がその部分を守ろうと毛をさらに太く、濃くしようと指示を出します。

その結果、ヒゲ1本1本が濃くなってしまい青ヒゲを悪化させてしまうのです。

刺激の強いカミソリやシェーバーは1回ヒゲを剃ってみると剃りやすいことからクセになりやすいですが、できるだけお肌に優しいカミソリやシェーバーを使うようにしましょう。

 

ヒゲが濃くなり、青ヒゲになる理由は?

結論としては、ヒゲが濃くなり、青ヒゲになる理由は体質的なものと遺伝的なものの2通りに分かれます。

生まれつきの体質によるもの
おヒゲをはじめとする体毛の濃さは、体質の遺伝的な要素も少なくありません。
親族のおヒゲや体毛が濃いという方は、今は気にならない程でも、将来的におヒゲが濃くなってくる可能性もあります。

生活習慣によるもの
生活習慣の乱れは、おヒゲをはじめとする体毛が濃くなる原因の一つです。
遺伝とは関係なく、生活習慣が原因でおヒゲや体毛が濃いという可能性も考えられます。

 

あご下首のヒゲは青ヒゲになりやすい

男性のあご下首のヒゲは、顔の中でも比較的濃くて太い毛が密集して生えてくる場所です。

あご下のヒゲは喉仏などの凹凸もあって、電気カミソリなどで剃った時に剃り残してしまいやすい場所です。ですから、剃り跡がきれいにできないのがこのあご下首のヒゲでもあります。

また、あご下のヒゲはあごからつながるように青ヒゲになってしまいがちですし、あご下部分というのは人の目にも入りやすい部分で目立ってしまいます。

あご下首のヒゲは、男らしさやワイルドな印象を与えることもありますが、それ以上に不潔な印象を与えてしまう可能性もあります。

最近の女性はどちらかというと清潔感のある爽やかな男性を好む傾向があるので、あご下のヒゲは剃り残しによって悪いイメージを与えかねません。

あご下の青ヒゲの原因は、皮膚の下に隠れているヒゲが透けて見えることですが、カミソリや電気シェーバーではきれいにヒゲを剃ることができたとしても、皮膚の下にあるヒゲまで処理できませんから青ヒゲになってしまいます。

カミソリ負けによるヒゲ剃りは肌荒れになりやすい

ご自身でカミソリなどによりムダ毛を処理した場合、カミソリ負けや吹きで物といった症状が起きやすくなります。

ヒゲ剃りでお肌の表面を削ってしまうと、水分保持量が減って肌のバリア機能が低下しますから、ニキビ菌など雑菌が繁殖しやすくなります。

ニキビ菌は、お肌の脂を好みますから、お肌の水分量が落ちるとお肌を守ろうとして油分量を増やし、ニキビ菌にとっては繁殖しやすくなってしまいます。

 

毛のう炎とニキビの違いは?

また、カミソリによる深剃りや逆剃り、毛抜きなどで毛穴内部が傷ついてしまい、そこからブドウ球菌が侵入して毛のう炎という病気を発症する恐れもあります。

毛嚢炎は、レーザー脱毛や光脱毛、ワックス脱毛などによっても発症する場合があります。毛のう炎は見た目がニキビに似ていますが、ニキビ菌ではなくブドウ球菌によって炎症がでます。

毛穴の中に小さな傷があれば、そこからブドウ球菌が入り込んで炎症が起こります。

 

カミソリ負けや吹き出物に効果的な方法

あご下首のヒゲは、脱毛する方も多いのですが、その理由は顔の部位でも最も剃りにくい場所だということもあります。

剃りにくいということは、剃り残しがどうしても生じますし、同じ個所を何度も剃ってしまうことから、結果的に肌荒れしやすい場所ともいえます。

もし赤い斑点ができているとしたら、肌荒れが起きているということです。剃りにくく、肌荒れしやすいあご下首のヒゲは脱毛をしておくのが一番理想的だといえるでしょう。

男性が毎日ヒゲ剃りにかかる時間と費用は、想像以上に膨大なものです。

特にヒゲの濃い人では、1日に複数回ヒゲを剃る人もいますし、そうでない人も毎日のヒゲ剃りは煩わしいものです。

顔の部位の中でも特にあご下首は、カミソリ等のヒゲ剃りでダメージを受けやすい部位になります。

ヒゲを剃ることで、ヒゲと一緒にお肌のケアも必要になってきますから、そのような心配から解放されるためにも、脱毛は有効的です。

 

テストステロンの影響と体毛の関係

テストステロン 男性ホルモン

テストステロンというのは男性ホルモンの一種で、男性らしい様々な機能に影響を与えます。

そんなテストステロンには、体毛を濃くするという働きも持っており、テストステロンの分泌量が増えればその分ヒゲも濃くなり、青ヒゲになりやすい状態になってしまうと言えます。
テストステロンの分泌量は遺伝によっても異なりますが、例えば筋トレをして筋肉を付けたり、ストレスが溜まったりすると体内でテストステロンの分泌量が増えていきます。

元々の量だけではなく、その時の環境が要因となっている可能性が高いので、もし突然青ヒゲが出るようになったという方は、ストレスが溜まっていないか、生活習慣が乱れていないかなどをチェックしてみると良いでしょう。

 

対処法を間違えると更に青ヒゲが濃くなってしまうかも

青ヒゲになってしまう原因や青ヒゲがさらに濃くなってしまう原因などがあります。

原因を改善しようと対処に取り組む方もいらっしゃるかと思いますが、間違った対処法を行ってしまうと青ヒゲがさらに濃くなってしまう恐れがあるので気を付けなくてはなりません。

中でもよく青ヒゲが改善されると勘違いされてしまう方法をご説明していきましょう。

 

毛抜きでヒゲを抜いてみる

カミソリ 毛抜き

カミソリやシェーバーを使うとお肌の奥に毛が残ってしまうため、剃るのではなく毛抜きで抜く方もいらっしゃいます。

毛抜きは毛の根元から引き抜けるため青ヒゲにならないと考えられるでしょう。
しかし、実際は青ヒゲを一時的に解消することはできますが、

刺激はカミソリ以上に強いため次に生えてくる毛は以前抜いた毛よりも濃く太くなっている可能性があります。

特にヒゲは毛根がしっかりと根付いているため、毛抜きを使って処理をするのは強い痛みを感じやすく、続けることも難しいでしょう。
また、毛抜きを使うことで毛穴の中が傷ついてしまい、そこからブドウ球菌などが侵入すると『毛のう炎』と呼ばれる肌トラブルを招いてしまう可能性もあります。

毛のう炎はニキビのような見た目をしており、お肌が汚く見えてしまうことはもちろん、

毛のう炎が悪化するとお肌の奥で炎症が起きてしまい、大きなおできになってしまうこともあります。
おできは通常の毛のう炎よりも大きいためかなり目立ち、さらにお肌の奥で炎症を起こしているので薬が効きにくいです。

青ヒゲを改善しようとしたら別の肌トラブルを招いてしまうので毛抜きは使用しないようにしましょう。

 

除毛クリームを使う

カミソリや毛抜きを使うよりも、除毛クリームの方が手軽にヒゲを処理できることから、

除毛クリームを使って青ヒゲを改善させようとされる方もいらっしゃるかと思います。

除毛クリームというのは、毛を構成する成分であるタンパク質を溶かし、除毛を行うためのクリームです。
毛のタンパク質を溶かすということは、お肌を構成する成分でもあるタンパク質も溶かしてしまうということです。

つまり、毛だけではなくお肌まで溶かしてしまうためバリア機能が失われ乾燥しやすい状態になってしまいます。

乾燥していると少しの刺激も強く感じてしまい、毛抜きなどと同様に毛が次に生えてきた時は濃くなっている可能性もあるので注意が必要です。
基本的にはなるべく肌への負担を最小限に抑えつつ、毛を取り除いていくことが青ヒゲ改善につながる近道と言えるでしょう。

毛抜きや除毛クリームなどはご自身で行えてとても便利ですが、その分お肌への負担も大きくなるため気を付けなくてはなりません。

 

青ヒゲを解決するならヒゲ脱毛を利用しよう

メンズ脱毛

青ヒゲ対策は自分一人で行う毛の処理方法だけでは、なかなか解決にはつながりません。

例えば、抑毛ローションなどを使って毛を薄くしていくことも可能ではありますが、

実際に行うとかなり時間がかかってしまい、いつ青ヒゲが改善されるのかも分かりません。
青ヒゲを解決するなら脱毛サロンの利用をおすすめします。

脱毛サロンならお肌への負担を最小限に抑えつつ、毛根にダメージを与えてヒゲが生えにくい状態を作ります。
脱毛サロンに通っている内に段々ヒゲも生えにくくなっていくためカミソリやシェーバーを使う頻度も減り、お肌への負担をより軽減させることができるでしょう。

また、脱毛サロンで行われている光脱毛には毛穴を引き締める美肌効果も期待できるので肌荒れも良くなっていきます。

青ヒゲの改善だけではなく、若々しく健康的なお肌を手に入れるのなら脱毛サロンの活用がおすすめです。

 

ヒゲ脱毛をするとなぜ若返る?その理由とは?

自分は元々老け顔だと悩んでいる方はいませんか?

もちろん元々は老け顔ではない方も年齢を重ねるごとに老け顔になってきており、もっと若々しくなりたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

実はヒゲ脱毛を行うとそんな人でも若返ると言われています。
では、なぜヒゲ脱毛をすると若返ると言われているのでしょうか?

ヒゲ脱毛による若返りの理由と、おすすめのヒゲ脱毛サロンについてご紹介していきます。

 

ヒゲ脱毛すると若返ると言われている理由とは?

ヒゲ脱毛をすると若返ると言われているのにはいくつかの理由が見られます。

どうして若返ると言われているのか、その理由を一つひとつ詳しくご紹介していきます。

理由①・ヒゲが無くなることにより見た目が若く見える

メンズ脱毛 ビフォーアフター

最も単純な理由としてヒゲがなくなることで見た目が若く見える効果が挙げられます。

例えば、ヒゲを蓄えている男性というと「おじさん」をイメージする方もいらっしゃいます。
学生の中にもヒゲが生えている男性はいますが、あまり見かけません。

逆に40代を過ぎた方を見てみると、ヒゲを生やしている人も多く見受けられます。

単純に若い人はあまりヒゲを生やしていないというイメージが先行しているため、ヒゲが生えている人は老けて見えてしまうのです。
また、ヒゲを蓄えていると威厳のようなものも出てきてしまいます。

それを良しとする人にとっては良いのですが、その分若さも失われてしまうと言えるでしょう。

ヒゲ=年齢が上というイメージがあるからこそ、ヒゲ脱毛を行うことで若い印象になれるのです。

理由②・毛穴が引き締まり、お肌のキメが細かくなる

キメ細かい肌

キメが細かいお肌というのはどういったものを指しているかご存知ですか?
お肌のキメというのは、皮膚の表面にある「皮溝」と呼ばれる部分と、

皮溝を中心にふっくらとしている三角形・ひし形の形をしている「皮丘」と呼ばれる部分を合わせたものを指します。

キメが細かいという状態は、この皮溝の間隔が狭く、皮丘が規則正しく揃っていて毛穴があまり分からないような状態になります。
キメが細かくないお肌は皮溝の間隔が広く、皮丘が不規則な状態であり、毛穴が目立ちやすい状況になってしまっているのです。

基本的に年齢が若ければキメが細かくなり、段々お肌のハリが衰えていくと皮溝や皮丘が崩れやすく、キメの細かくないお肌になってしまいます。

お肌のキメは年齢で諦めてしまうこともありますが、ヒゲ脱毛でキメを取り戻すことも可能です。
なぜ、ヒゲ脱毛でお肌のキメが戻ってくるのかというと、毛母細胞が関係していると言われています。

毛母細胞とは毛を伸ばすために必要な細胞であり、脱毛時には毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えてヒゲを生えにくくしていきます。

毛母細胞がダメージを受けてなくなると、その毛穴はそのままの状態で残ってしまうのではなく、段々毛穴が閉じていき毛穴が目立たない肌になります。
元々脱毛器というのは脱毛を目的として行う機器ではなく、美肌を作り上げるために使われていました。

しかし、お肌がきれいになるだけではなく、毛も抜けていくという効果が見られたため、脱毛器が誕生したのです。

脱毛器には美容効果も期待できるため、キメ細かく若々しいお肌にもなれるのです。

 

理由③・ヒゲ剃りによって引き起こるカミソリ負けや肌荒れが改善される

肌荒れ カミソリ負け

肌荒れが多い方を見ると、お肌に傷や色素沈着が見られることで老けて見えてしまう場合がございます。

この肌荒れの原因は様々なものがありますが、その多くはヒゲ剃りが原因になっていると言えるでしょう。
ヒゲ剃りが肌荒れを招いてしまうのは、間違えてカミソリでお肌まで切ってしまい傷ができてしまうというだけが理由ではありません。

カミソリで剃る場合、ヒゲだけではなく皮膚の表面まで一緒にこそげ取るような感じになります。
皮膚の表面が削られることで表面にあった水分が蒸発しやすくなり、肌のバリア機能が弱まってしまいます。

バリア機能が弱まった状態が続くと肌が乾燥しやすくなり、その結果ヒゲ剃りをするとカミソリ負けを引き起こしやすい状態になってしまうのです。

ヒゲが濃い方はカミソリ負け・深剃りなどを繰り返してしまうので、肌がボロボロの状態になります。
若い人というと、やはり肌がきれいでツルツルとしているイメージがあります。

肌荒れや傷によって既に色素沈着を起こしてしまっていたりすると、どうしても老けて見えてしまうのです。
ヒゲ脱毛を行うと、どんどん生えてくるヒゲの量も少なくなってくるため、ヒゲを剃る回数も徐々に減っていきます。

ヒゲを剃る回数が減る分、肌を傷つけてしまうこともなくなるため、肌荒れも治まってくるでしょう。
肌荒れが治まれば自然と若々しい肌を取り戻すことも可能となります。

肌のバリア機能は肌のツヤ感にも関係してくるため、若返り効果が期待できます。
また、肌荒れを起こす原因はヒゲ剃りだけではなく、ヒゲが生えていることによってホコリや汚れが付着しやすいことも影響しています。

ヒゲが伸びていると空気中のホコリがくっつきやすい状態でもあり、さらに皮脂汚れが残ってしまいがちです。

これは、衛生的に悪い状態であり、雑菌が繁殖しやすい状態と言えるでしょう。
雑菌が繁殖しやすい状態でヒゲ剃りを行っていて傷ができてしまうと、傷口の中に雑菌が侵入し、肌荒れが悪化、

ひどいと化膿を引き起こす可能性もあります。清潔できれいな肌になりたいという方はヒゲ脱毛を行った方が良いです。

理由④・自分に自信が持てるようになる

ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛を行うことで1回だけではすぐに効果が表れるわけではありませんが、

徐々にヒゲが生えにくくなり、それによってお肌もきれいになっていきます。

肌がきれいになり、見た目も変われば周りの人から声を掛けられることも期待できます。

そういった声を聞くと自分に自信もつきやすくなり、さらに美容に気を遣ってみたり、オシャレな服を買ってみたりと、見た目に対して積極的になれるはずです。
例えばヒゲにコンプレックスを抱えていて、老け顔に見られてしまうのが嫌だという人がヒゲ脱毛を行ったことで、コンプレックス解消につながり自分に自信が持てるようになります。

顔にコンプレックスを持っている人は、他の人に見られたくない、人前に出たくないということから仕事やプライベート、様々なシーンで積極的に出られなかったところもあるはずです。

しかし、ヒゲ脱毛を行い自信がつけば色んな場面で積極的になれて挑戦でき仕事やプライベートも充実してさらなる自信へとつながっていくことでしょう!

 

ヒゲ脱毛Q&A

ヒゲ脱毛 Q&A

青ヒゲはヒゲ脱毛をすれば解消しますか?

A:はい、解消できます。
ヒゲ脱毛して減毛又は毛を無くせば、ヒゲの青みは解消されスッキリします。

 

あご下首の青ヒゲは何回ぐらいヒゲ脱毛は行えば効果がでますか?

A:あご下首のヒゲは、脱毛によるメリットが最も感じられる箇所でもあります。

1回による脱毛の効果は、体の表面である「成長期」の部分にしかありません。その成長期は毛全体の1割といいますから、1回の脱毛効果は1割ということになります。

その計算からすると、効果的な脱毛回数は10回位だといえそうです。※個人差がありますのであくまでも目安になります。

 

ヒゲ脱毛後、すぐに効果があらわれますか?

A:約1~3週間で毛が抜け始めます (※個人差があります)
毛が抜け始めるまでに時間がかかるのは、光を照射した毛が実際に毛穴から抜け出ていくまでに時間がかかるからです。
光脱毛では、光の照射によって根元からムダ毛を処理していますが、しかし、この時点ではまだ毛は毛穴にとどまった状態にあります。
これらの毛は、例えばタオルで顔を拭いたときや、服で擦れたときなど、生活の中で自然と抜け落ちていきます。
このようにして、脱毛は徐々に毛が減っていく、とイメージしていただければと思います。
なお、施術後に毛抜きなどで無理に抜くことはオススメできません。これは毛周期の乱れに繋がり、以後の施術の効果が出にくくなるからです。

 

施術1回の所要時間は?

A:施術のみで15分程度、アフターケアを含めると30分程度です
(※ただし、施術範囲などによっても異なります)
ヒゲ全体を脱毛する場合、おおよそ15分程度が目安になります。
施術後、お肌の冷却・保湿ケアのために、おおよそ15分程度のお時間を頂いております。
初めてご利用になるお客様には、施術とアフターケアに加えて、カウンセリングやパッチテストのためのお時間を頂いております。

 

何回で青ヒゲはなくなりますか?

A:お客様の毛量、お肌の色、部位、ご来店のタイミングなどで変わってまいりますので、一概に何回というご案内は出来かねます。
個人差はありますが、目安として少ない方で8〜10回、濃い方ですと20回以上の方が多いです。
一般的に今見えてる毛は、本来自分が持っている毛の5~15%程度と言われています。ほどんどの毛が眠っている状態です。
その中の成長期の毛にしか反応しないので、どうしても脱毛には回数と期間がかかってきます。
回数を重ねますと生えてくる毛も細くなってきますので、ご来店タイミングも初めは1ヶ月に一度だったものが2ヶ月、3ヶ月に一度と変わってきます。
Oscarではプロの技能士が毛の質や抜け具合を拝見しながら、ベストなご来店周期をお客様一人一人にお伝えしていきます。

 

ツルツルにはしたくないのですが、毛量を減らすことは可能ですか?

可能です。お客様のご希望に合わせて施術を行うことができます。
脱毛と聞くと、ツルツルにするというイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
実際には、完全に毛をなくすのではなく、毛量を減らしたいとご希望のお客様も多くいらっしゃいます。
毛を無くすことだけではなく、毛を減らすこと、毛に加工を加えることも、脱毛施術の役割だと言えます。
特にヒゲ脱毛では「楽にヒゲ剃りができるようにしたい」「口周りの毛量を減らしたい」「ヒゲの青みを無くしたい」といったご要望も多くお受けしており、Oscarではこのような減毛のご希望にも対応させていただいております。

 

ヒゲ脱毛施術は痛いのでしょうか?

A:いいえ、Oscarでは、痛みが少ないヒゲ脱毛を行っております。

一般的には、脱毛施術は痛いとされており、人によっては耐え難い痛みを感じることや、痛くて続けられないことさえあると言われてきました。
Oscarの光脱毛は痛みが少ないことを特徴としています。
Oscarではメンズ専用脱毛器を採用しており、広範囲での脱毛が可能で、照射部分を凍らせた氷結脱毛を行うことで、痛みをより軽減した脱毛を実現しております。

 

Oscarのヒゲ脱毛は、他社とどこが違うのでしょうか?

A:安い価格設定、痛みの少なさ、男性のお客様に特化した施術が、Oscarの特徴です。

まず、Oscarのヒゲ脱毛は、安さが自慢です。
Oscarが行った試算では、Oscarでの施術1回の料金は他社に比べて約2~3万円ほど安く、施術5回(セット価格を含む)の場合、約5~15万円ほど安くなります。
次に、痛みが少ないことが大きな特徴の1つです。
そして、男性ならではの硬くて濃い毛質に配慮した施術を行っていることがOscarの強みです。
Oscarの脱毛マシン「ルネッサンスUOMO」は、ダンディモードを搭載しており、男性専用フィルターを使用することでフラッシュの波長を男性の毛質に適したものへと変えています。
これによって、より効果の出やすい施術を行っております。

 

名古屋でヒゲ脱毛をするならメンズ脱毛専門店Oscar!

 

名古屋でヒゲ脱毛を行って青ヒゲを解決したいという方は、メンズ脱毛専門店Oscarがおすすめです。

Oscarではお肌への負担を最小限に抑えた最新型脱毛器を採用しており、お肌に優しく、それでいて脱毛効果も兼ね備えたヒゲ脱毛が行えます。
長年の悩みだった青ヒゲを解決したい、突然青ヒゲになって困っているとお悩みの方は、Oscarの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

見た目が変わるだけではなく、長年連れ添ったヒゲ剃りの煩わしさからも解放されるので、メンズ脱毛の中でもヒゲ脱毛は、年齢・ご職業に関係なく、とても人気な部位でございます。

なりたい毛量に調節する事や、デザイン脱毛する事も出来ますのでお気軽にご相談下さい。

電話番号 052-265-6488