髭剃りでニキビができる原因は?対処法やヒゲ脱毛について詳しく解説

髭剃りでニキビができる原因は?

対処法や髭脱毛について詳しく解説

髭剃り ニキビ

多くの男性が毎日の日課とされております髭剃りですが、髭剃りはどうしてもお肌へ負担をかけてしまい、様々なお肌トラブルを引き起こす原因となってしまうこともあります。
肌トラブルの中で最も多い症状が「ニキビ」でございます。
ニキビを無くしたくて髭剃りをしないというのも難しいと思います。
かといってニキビがある状態で髭剃りをすると、潰してしまったりと悪化してしまうのが悩ましいところですよね。

 

ニキビができてしまう原因

まずは、ニキビができてしまう原因について解説していきます。

そもそもニキビができる原因は?

ニキビができる原因は、皮脂の過剰な分泌・毛穴の詰まり・アクネ菌の増殖といわれております。
お肌の奥には皮脂を分泌する「皮脂線」がありますが、生活習慣の乱れなどで皮脂が過剰に分泌されるようになると、そこに古くなった角質などが詰まります。

すると、角質をエサとする「アクネ菌」が増殖していきます。
結果、一定の周期で行われるはずのお肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、お肌の健康状態が保たれず、ニキビが発生してしまいます。

髭剃り

髭剃りの刺激

髭剃りは、髭剃り器具の刃によってお肌に刺激を与えてしまう行為です。
中でも髭剃り器具として代表的なカミソリは、おヒゲだけではなくお肌の表面の角質まで一緒に削ってしまっているのです。

お肌の表面が削られてしまうと、お肌のバリア機能が低下し、ニキビなどの肌トラブルが発生しやすい状態になってしまいます。

 

髭剃り器具の衛生状態について

髭剃り器具が不衛生であることは、ニキビの原因になります。
髭剃り器具は使用し続けているうちに、刃の間に剃った髭や角質などが蓄積していきます。
それらを蓄積させたまま放置していると刃に雑菌が繁殖し、その状態のまま髭剃りをするとお肌にできた傷などに雑菌が入り込み、ニキビができる原因となります。

髭剃り器具は必ず水洗いするなどして清潔な状態を保つよう手入れし、こまめに刃を取り替えるようにしましょう。
多くの男子は髭剃り器具は使用後、そのまま洗面台やお風呂場などの水回りで保管されることが多いですが、水回りは湿気が多いため髭剃り器具の刃が錆びやすく劣化を進行させやすい環境です。
できるだけ風通しの良い乾燥した状態で保管するよう心がけましょう。

ホルモンバランスの乱れ

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの乱れも、お肌への脂分の過剰な分泌を促すため、ニキビの原因に繋がることがございます。

偏った食事や睡眠不足といった生活習慣の乱れはホルモンバランスの乱れに直結します。
バランス良い栄養を摂取し、しっかりと睡眠時間を確保するようにしましょう。
そして、過度にストレスを溜めこむことはホルモンバランスが崩れる代表的な原因の一つです。
ホルモンバランスの乱れだけではなく、肌荒れや吹き出物につながる可能性もございますので、日常生活の見直しを心がけてみると良いでしょう。

 

お肌の脂が多い

ニキビの原因となるアクネ菌は肌の表面の脂分を養分として活性化します。
そのため、お肌の脂分が多い人はニキビができやすいとも言えますが、脂性肌でない人も夏場などはお肌の脂が多くなりやすくニキビができやすい環境です。
また、髭剃りなどの刺激に対してお肌は脂分を多くすることでバリア機能を回復させようとしております。

 

髭剃りでニキビができやすい箇所は?

お顔の中でも、鼻下・ホホ・あご下首の3ヶ所は髭剃りを原因としたニキビができやすい部位なので、処理をされる際には注意して髭剃りや日常のケアを行うようにしましょう。

鼻下

鼻下は間隔が狭いため髭剃りしづらく、傷を作りやすい部位です。
毎日髭剃りをして慣れている方でも、少しの油断から刃を当て違えて怪我をしてしまいがち。
傷ができた部分から雑菌が入り込み、ニキビが発生しやすいため、傷つけてしまった場合は注意しましょう。

 

ホホ

ホホは髭が生える範囲が広く何度も髭剃り器具の刃を当てるため、髭剃りによる刺激を受けやすい部位です。
カミソリ負けをされるとニキビができるリスクも高まるため髭を剃る際には十分に注意しましょう。
また、ホホは乾燥しやすい部位でもあるため、保湿などのケアも怠らないようにしましょう。

 

あご下首

あご下首は場所によっては毛の生えている方向が違い、鏡でも確認しにくく、凸凹しているので髭剃りしづらい部位であると言えるでしょう。
剃りづらいことから何度もカミソリで当てることにより結果、ニキビができやすい部位です。
一方であご下首の髭を伸ばす場合も、衣類と擦れてしまいニキビができやすくなってしまうことがあります。
髭剃りするときや髭を伸ばす場合も気を配らなければならない部位です。

肌荒れ ニキビ

髭剃りでニキビを作らない方法とは?

ニキビの原因や、気を付けなければならない点を理解していただいたところで、実際に髭剃りでニキビを作らないために注意すべき点を挙げていきます。

カミソリで処理される場合はシェービングジェルを使用する

カミソリを使用し髭を剃る際には、必ずシェービングジェルを使用するようにしましょう。
シェービングジェルはカミソリの滑りを良くするため、お肌に傷を作りにくくしてくれます。

また、シェービングジェルには髭を柔らかくする成分もあるため、髭が剃りやすくなり何度も同じ部位に刃を当てる必要性が少なくなりお肌へのダメージを軽減することができます。

洗顔料などの泡では、シェービングジェルの替わりにはなりませんので、必ず専用の物を使用するようにしましょう。

電気シェーバーを使用する

髭剃りのための器具にはいくつかの種類がありますが、中でも電気シェーバーはお肌の負担が少ないとされております。
電気シェーバーは、お肌に直接刃が当たらないようになっているためです。
しかし、全く負担をかけないわけではないのでご注意ください。

アフターケアをしっかり行う

髭剃り後は、必ずアフターケアを行いましょう。
髭剃りをした後はお肌が乾燥しやすい状態になっているため、そのまま放置しているとお肌の脂が過剰に分泌されてしまう原因となります。

対策として、化粧水や乳液、クリームなどをお肌になじませることが大切です。

 

髭剃り器具のメンテナンスを行う

カミソリや電気シェーバーなどの器具は、定期的にメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンスを怠ってしまうと、刃が劣化してお肌を傷つけやすくなったり、不衛生な状態となって肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。
定期的にキレイにしたり、古い刃は替えたりと必要に応じたメンテナンスをしっかりと行いましょう。

 

夕方から夜にかけては髭剃りを行わない

多くの男性は朝に髭剃りをするかと思いますが、中には夕方から夜にかけて髭剃りする方や入浴時に行う方もいらっしゃるかもしれませんが、夜はお肌の血行が悪くなるため髭剃りをされると肌トラブルも引き起こしやすくなります。
お肌への刺激を避けるという意味でも、朝に髭剃りされることをおすすめします。

 

日頃からスキンケアでしっかりと保湿する

髭剃り後のケアは、日常からお肌に負担をかけないようにスキンケアを行うことも大切です。

普段から保湿成分の入った洗顔料を使ったり、化粧水をこまめにつけたり、紫外線の多い季節には日焼け止めをご使用されることも対策として有効です。

髭剃りの際にできたニキビの対処方法

ニキビができた箇所は髭剃りを避ける

ニキビができてしまった箇所は、髭剃りを避けるようにしましょう。
ニキビにカミソリやシェーバーの刃を当ててしまうと傷がつき潰してしまわれると、更にニキビを悪化させてしまう恐れがあります。

 

ニキビ治療薬を使う

ドラッグストアなどに市販されているニキビ治療薬を使用する。
多少のニキビができたくらいであれば、最初は市販の薬でも十分な効果を見込めるケースも多いです。

 

皮膚科に受診する

セルフケアで治らない場合や、複数のニキビができた場合などは症状が悪化してしまわないように早めに皮膚科に受診するようにしましょう。
ニキビではなく、毛のう炎であった場合なども早めに医師に相談するなどの対処が必要です。

 

ヒゲ脱毛で髭剃りによるニキビの悩みを解消!

ニキビができることを避けたいからといって、毎日の髭剃りをやめるわけにもいかないと思われている方も多いのではないでしょうか?
その場合、朝の面倒な時間を解消するために思い切ってヒゲを脱毛してしまうという選択もございます。
ヒゲを脱毛すれば絶対にニキビができなくなるというわけではありませんが、ニキビができる原因の一つである髭剃りをなくすことでニキビや肌あれの発生を少なくすることができます。

 

本気でニキビや肌荒れを無くししたいと思ったときに検討すべき脱毛方法

具体的にどのような方法があるのか、代表的なものを見ていきます。

光脱毛

光脱毛は、毛根・毛乳頭・毛母細胞といった、ムダ毛を生やす働きをする細胞に光を当てて毛を減らしていく方法で、エステや脱毛サロンでも広く浸透しています。

ムダ毛の黒い色素に含まれる「メラニン」と照射した光との反応によって、毛乳頭の活動が抑えられ、ムダ毛を徐々に目立ちにくくしていきます。この「光脱毛」は、痛みや刺激を感じにくいというメリットがあり、肌に優しい脱毛方法でもあります。
また、美肌効果がある点もメリットの一つです。

継続して通うことにより、しっかりとした脱毛効果が期待できる脱毛方法です。

 

レーザー脱毛

「レーザー脱毛」は、毛の色素である「メラニン」にレーザーを照射し、毛乳頭・毛母細胞といった組織をムダ毛が再生しない状態に変化させる方法です。

しかし、レーザーを用いた脱毛は「医療行為」に該当するため、皮膚科などの専門医療機関や、美容クリニックなどでしか利用できません。
脱毛効果を感じやすいことが特徴ですが、高い効果に比例して、施術にかかる費用も高額。
また、強い光を使用するため、施術時に痛みを感じやすいとされています。

 

ニードル脱毛(電気脱毛)

「ニードル脱毛」は、毛穴のひとつひとつに絶縁処理をした針を刺し、電気を流す脱毛手法。 毛乳頭に電気を流し、ムダ毛を再生できない状態にします。

ニードル脱毛は、その他の施術では難しい白髪やメラニンの薄い毛にも施術ができる点や、「色素沈着」がある肌にも脱毛できる点が大きなメリットです。
一方で、費用が高額なことや、施術に時間を要し、強い痛みを伴うことがデメリットとして挙げられます。

 

メンズ脱毛専門店Oscarの光脱毛の特徴

●特殊な優しい光を毛根に当てるのでお肌に負担がかからない
●冷却機能が優れているため痛みがほとんどなく脱毛できる
●脱毛料金が他のサロンに比べて安価
●毛穴を引き締めるため美肌効果も期待できる
●継続して通うことでしっかりとした効果に期待ができる

おわりに

メンズ脱毛 光脱毛

多くの男性の皆さまは身だしなみを整える上で避けて通れない髭剃りですが、ニキビができる原因となってしまう場合もあります。
今回お伝えしました内容も参考にしながら、お肌に負担をかけないようにケアを行うことで、ニキビを予防するように心がけしましょう。
また、それでもニキビができてしまった場合は、その箇所の髭剃りを避けることや必要に応じては皮膚科に相談することも必要です。
最後になりますが、髭剃りやニキビが煩わしいと思う方は、ヒゲ脱毛という選択もありますので、ご興味ある方は当サロンにご相談していただけたら幸いでございます。

電話番号 052-265-6488