メンズの腕脱毛?気になる腕毛の施術回数・効果・かかる費用とは?

皆さま、こんにちは!
メンズ脱毛専門店Oscarをご覧頂きありがとうございます!

メンズの腕脱毛?

気になる腕毛の施術回数・効果・かかる費用とは?

医療脱毛 永久脱毛 安い メンズ脱毛 名古屋 全身 下半身 陰部 VIO 脇毛 胸毛 すね毛 腕毛 ひげ 

メンズの体毛は男らしくて素敵!なんて言われたのは昔の話。

メンズにも美意識が求められるようになった現在では、美容に力を注ぐメンズも珍しくありません。

意中の女性とイイ感じになってきたにも関わらず、毛深い腕毛を女性に見られ、ヒカれてしまうのは悲しいですよね。
また、料理人やパティシエ・接客業といったお客様と直接触れあうお仕事の男性にとっては、お客様からの印象を悪くしないために、濃い腕毛は処理していたほうがよいかもしれません。

腕毛は、おヒゲなどの顔まわりのムダ毛の次に目立つものであると言えるでしょう。

特に、夏場などの半袖やノースリーブを着る季節や、季節に関係なく職業柄腕をよく出す人、接客業で人と接する機会が多いという人は、腕毛が目に入りやすくなります。

体質的に体毛が濃いという人は、目立つ腕毛に悩まされている人も少なくないと思います。

そこで、腕毛でお悩みのメンズに向けて詳しく解説します。

メンズ脱毛 腕毛 処理

メンズの腕毛は処理した方がいいですか?

メンズの腕毛は周囲から目立ちやすい

腕毛は、おヒゲなどの顔まわりのムダ毛の次に目立つものであると言えるでしょう。
特に、夏場などの半袖やノースリーブを着る季節や、季節に関係なく職業柄腕をよく出す人、接客業で人と接する機会が多いという人は、腕毛が目に入りやすくなります。
体質的に体毛が濃いという人は、目立つ腕毛に悩まされている人も少なくないでしょう。

周りの人からの印象にも影響が

女性と同じように、メンズにもムダ毛処理などの美意識が求められるようになりつつある現在では、メンズの濃い腕毛に対して嫌悪感を抱く方が増えてきています。
「メンズの腕毛は男らしくて良い」という意見も少なくありませんが、冬場には目に入ることが少なかった腕毛が、露出の増える夏場になり目に入ることが増えると、「濃い腕毛に引いてしまう」という方もいることが実情です。
濃くて長い、毛深い腕毛は目立ちやすく、良い気持ちがしないという人が男女問わずおります。

不快感を与える恐れも?

濃いヒゲや無精ヒゲ、青ヒゲと同じように、濃い腕毛は周囲の人に不快感を与える恐れがあります。
最近では、男性も女性と同じようにムダ毛を処理することが人気になりつつあります。
そのため毛が濃いと不潔な印象を与えることも少なくありません。
また、清潔感が大切な飲食業や、人に見られることが多いアパレルの仕事や接客業などで勤務をしている方は、腕毛を気にするシーンが多々あるでしょう。

腕のメンズ脱毛をする4つのメリット

メンズ脱毛 腕脱毛 メリット
腕は第二の顔と言われておりますので、ご自身が思っている以上に手元は周囲の方から見られています。

ファッションを楽しむことができる
腕が綺麗ですと半袖やノースリーブなどの好きな洋服を、いつでも気兼ねなく着こなすことができます。
またオシャレな男性は指輪やアクセサリーを付けたり、仕事上時間を気にされる方は時計なども付けることが多いと思いますが、
無理矢理つけ外すと毛が引っかかったりして激痛が走ることもあり、また精巧なデザインのものですと、どうしてもつけ外す際に毛が邪魔になってしまいます。
ムダ毛が無くなるとオシャレなアクセサリーのつけ外しもスムーズになります。

効果を早く実感できる
脱毛は1回の施術ではハッキリとした効果を実感するのは難しいのですが、腕のメンズ脱毛はおヒゲや陰部などと比べると少ない回数で効果がご実感できます。
腕の毛は男性ホルモンの影響をほとんど受けないため、腕に関しては個人差はありますが2~3回目の施術で効果を感じられる方が多いです。

清潔感がアップする

料理や商品をお客様の前に差し出す時、資料の説明をする時、握手する時、名刺を渡す時など、人前に腕を出す機会はたくさんございます。
男女に問わず、最近は清潔感が重視されており、男性の腕や手の毛などは忌避されております。
もちろん、ムダ毛がダメなわけではありませんが、常に見えている手の指甲の毛は、露出している腕がツルツルでキレイですと清潔感があり、他人からの好感度にも繋がっていきます。

見た目が綺麗
脱毛すると毛が無くなるだけではなく、毛穴が小さくなり目立ちにくくなっていくため、お肌も綺麗に見えます。
また夏に、海やプールに行かれた方は多いかと思いますが、行く度に腕の毛を剃るのは非常に面倒ですよね。
しかも処理の仕方によっては汗や水、海水などでしみたり、痒みが出たり、毛穴周りが赤く腫れたりといった肌トラブルもあるかと思います。
ですが脱毛をすると、ムダ毛処理の手間はもちろん、肌トラブルからも解放されます。
ムダ毛処理の手間や肌トラブルに困っていた方は、是非このメリットを体感していただければと思います。

腕のメンズ脱毛 Q&A

腕脱毛 Q&A

腕のメンズ脱毛で効果が出る回数とは?

腕脱毛はエステサロンで行なう『脱毛サロン』と医療クリニックで行なう『医療レーザー脱毛』の2つの方法がございます。

一般的に脱毛サロンのほうが施術料金が安価で痛みが少なく、医療レーザー脱毛のほうが施術料金が高価で痛みも強いといわれています。

脱毛サロンは何度かサロンに通う必要があり、医療レーザー脱毛は少ない回数で脱毛が完了する傾向にあります。

 

腕のメンズ脱毛の施術は合計で6~12回ほど

腕脱毛は継続して何回か施術を行なう必要があります。先ほども触れたように、医療レーザー脱毛のほうが、1回あたりの脱毛効果は高いので回数は少ない傾向にあります。

一般的には脱毛サロンは合計で6~12回ほど施術を行ない、治療期間は1年半から3年ほどといわれています。医療レーザー脱毛は合計で6~8回ほど施術を行ない、治療期間は1年半から2年ほどといわれています。
どの脱毛サロン・医療クリニックの施術を受けるかによって回数は異なりますので、あくまで目安として捉えていてください。

 

毛が薄くなったと感じる
回数:平均5〜6回
期間:約10か月〜1年

毛がほとんど生えてこなくなる
回数:平均16〜18回
期間:約2年半〜3年

脱毛は即効性があるものではなく効果がしっかりと現れるまでには一定の期間が必要です。

しかし、濃い腕毛に悩まれて自己処理を続けるよりは、脱毛をして数年で悩みを解決された方が、長い目で見ると良い場合もあります。

ご自身に適切な腕毛処理の方法を選択するようにしましょう。

腕のメンズ脱毛の痛みについて

脱毛の施術は痛みを感じる場合があります。痛みの強さには個人差がありますが、一般的には毛が太く濃い方ほど強く痛みを感じる場合があるとされています。
脱毛の痛みは、「ゴムで弾かれる程度の痛み」であると言われることが多くございます。
ご不安な方や痛みに弱いという方は、照射する前にしっかり冷やしておくことで痛みを軽減することができます。事前にサロンにいきパッチテストで確認しておきましょう。

 

1回あたりの施術時間は30分~1時間ほど

腕脱毛はレーザー脱毛か光脱毛で行なわれます。

レーザー脱毛は医療行為にあたるので医療従事者が担当し、永久脱毛が可能です。

光脱毛は医療行為ではなく美容施術にあたり、永久脱毛は難しいですが減毛や不再生脱毛が可能でございます。1回あたりの施術時間は30分~1時間ほどといわれています。

 

腕のメンズ脱毛に通うご来店周期は2~3ヶ月に1回ペース

腕毛をはじめとする体毛は、成長期→退行期→休止期という(毛周期)毛のサイクルを繰り返しています。

レーザー脱毛や光脱毛は、この毛のクルの「成長期」にしか効果を発揮することができません。そのため、その他の毛が生え変わり「成長期」となる頃に、定期的に施術を行なう必要があるのです。

一般的には腕脱毛に通うご来店周期は2~3ヶ月に1回ペースといわれています。

 

腕のメンズ脱毛にかかる費用

多くの脱毛サロンでは、腕毛の脱毛はひじ下・ひじ上と分けられています。
腕全体を脱毛する場合は、ひじ上+ひじ下の費用がかかるということを把握しておくと良いでしょう。
また、手の甲や指毛についても別料を設定していることがほとんどであるため、注意しましょう。
腕毛の脱毛にかかる費用は次の通りです。脱毛サロンの平均価格を出しています。
脱毛を始めようと考えている人は、事前に希望する脱毛サロンの料金を調べておくことをおすすめします。
【ひじ上】
平均1回 ¥6,400
【ひじ下】
平均1回 ¥6,400

多くのサロンでは1回の料金だけではなく、複数回のセット料金を用意しています。
腕毛の濃さによって脱毛が完了する回数は異なるため、カウンセリングでスタッフに相談すると良いでしょう。

 

腕のメンズ脱毛後に考えられるリスク

腕脱毛はお肌に直接レーザーや光を照射する施術でございます。

お客様の体調やお肌のコンディション、施術後の対応によっては、なんらかのトラブルが起きるケースも考えられます。

ここでは、腕脱毛によって発生する可能性があるお肌のトラブルについて解説いたします。

ヒリヒリ感

レーザー脱毛や光脱毛を行なうことで、施術後はお肌が傷つき敏感になっていることから、ヒリヒリと感じてしまうケースがございます。

施術後はなるべくお肌に刺激を与えないようにして、保湿や冷却を心掛けて安静しておきましょう。

やけど

腕脱毛でレーザーや光をお肌に照射すると、稀にやけどと同じ症状があらわれることがあります。肌色のムラが生じる場合や水疱が出る場合など症状は様々でございます。

毛のう炎(もうのうえん)

毛のう炎とは細菌感染症の一種で、施術により肌のバリア機能が弱まり、肌にニキビや吹き出物のような症状があらわれることです。施術後はお肌を清潔に保ち、刺激しすぎないようにすることが大切です。

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹とは肌にミミズ腫れや赤み、ブツブツのような症状があらわれ、痒みを伴うことです。痒くなっても患部を掻きむしることなく、必ず病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

硬毛化(こうもうか)

硬毛化とは腕脱毛の施術後に太い毛が生えてくる症状です。こちらも原因は定かではありませんが、毛量の少ない部位や細い産毛が施術により刺激され、一時的に硬毛化するのではないかといわれております。多毛化と同じく継続して施術を行なうことで徐々に毛は薄くなっていくでしょう。

色素沈着

施術後のお肌のダメージが回復していない状態で、強い紫外線を受けるとメラニン色素が生成されやすく、シミや色素沈着が生じる恐れがございます。脱毛直後はなるべく紫外線にあたらないように心がけしましょう。

多毛化(たもうか)

腕脱毛の施術を受けたのに脱毛前よりも毛が増えてしまう多毛化の現象が起きる場合があります。多毛化の原因は解明されていないようですが、毛であることは変わらないので、継続して施術を行なうことで徐々に脱毛していきます。

腕のメンズ脱毛のリスクとアフターケア方法とは?

腕脱毛 ボディクリーム 保湿

腕のメンズ脱毛後の肌トラブルを防ぐために、どのようなアフターケアを行なえばよいのでしょうか。腕脱毛後の正しいアフターケアについてご解説いたします。

腕のメンズ脱毛の後は刺激を避けて安静にすること

腕脱毛をした直後のお肌は、デリケートな状態になっているので、お肌には強い刺激を与えず安静にすることを心がけましょう。

まず、お風呂の時間に湯船に入るのが習慣の方は施術後の数日は湯船に浸からず、ぬるめのシャワーで済ますようにしてください。
そして、腕を洗う時はボディタオルでこするのではなく、素手で優しく洗うようにしましょう。お風呂からあがったら、ボディクリームでお肌の潤いを保ち、乾燥させないようにしてください。

 

腕のメンズ脱毛の後のご注意点

腕脱毛の後は強い紫外線を浴びる日焼けや、肌の血行をあげてしまうアルコールの摂取は避けてください。体温を上昇させ、血行をあげてしまうスポーツやマッサージ、サウナもNGです。

制汗剤や予防接種も、体質によっては変調をきたす可能性があるので、気をつけてください。
また、腕脱毛後に自分で毛抜きを使って自己処理してしまうことです。肌を痛める原因となるので、脱毛サロンや医療クリニックの施術に任せて自分では触らないようにしましょう。

ご説明したように直接肌にレーザーや光を照射する腕脱毛では、肌トラブルのリスクを完全にゼロにすることは難しいでしょう。腕毛に悩む皆さんには安全に脱毛をしていただきたいと思いますので参考になりましたら幸いでございます。

 

アフターケアは大切

腕毛を自己処理された後は、必ずクリームなどを使って保湿をするように心がけしましょう。
ムダ毛を処理された後のお肌は、敏感で乾燥しやすい状態になります。
乾燥や肌荒れを防ぐためにも、アフターケアはかかさず行うことが大切です。

男性の腕毛処理方法をご紹介!

腕毛を処理しようと思っても、どのように腕毛を処理したら良いのか分からないという男性が多いのではないでしょうか?

女性と同じように男性もムダ毛処理をすることが人気になりつつあるとはいえ、実際の方法について詳しく知っているという男性は少ないはずです。
そこで、具体的な腕毛の処理方法についてご紹介いたします。

また、それぞれの処理方法のメリット・デメリットもピックアップしていきます。腕毛処理の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

カミソリで剃る

カミソリは、ムダ毛処理の方法の中でも最も人気な方法であります。

薬局など、どこでも簡単に手に入り、価格も安いという点が特徴です。

しかしその反面で、あらゆるデメリットが存在します。

メリット
●安い価格
●どこでも入手可能
●簡単に扱える

デメリット
●数日で次の毛が生える
●シェービーングジェルなどを使用する必要がある
●お肌に負担がかかりやすい
●ケガのリスクがある

 

バリカンの使用

バリカンといえば、男性であればご自身で散髪をしている人にとっては身近な存在でしょう。

しかし、バリカンは腕毛やすね毛などのムダ毛処理にも使えるアイテムなのです。
バリカンの特徴は、「毛を剃り切るのだけではなく、自然な状態にできること」にあります。

濃い腕毛は気になるが、毛を全て処理して女性のようにツルツルの状態にしてしまうことに抵抗がある男性は少なくないでしょう。
バリカンであれば毛を全て剃ってしまうことはできないため、自然な毛量を残しておくことが可能です。
「濃い腕毛を薄く見せたい」という方におすすめのアイテムです。

メリット
●腕毛を自然な状態にできる
●持ち運びもしやすい
●刃がお肌に直接当たらないのでケガのリスクが少ない
デメリット
●毛を剃り切ることはできない
●製品によっては費用がかかる
●定期的にバリカンのメンテナンスが必要となる

 

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、専用のワックスをお肌に塗り、上からシートを貼り付け、シートを一気に剥がすことでムダ毛を毛根から処理ことができるアイテムです。
他の処理方法に比べて毛根からムダ毛を処理できるため、次の毛が生えてくるまでの期間が長いので処理回数を抑えられるというメリットがあります。

しかし、ブラジリアンワックスはシートを剥がす際に痛みを感じます。痛みの強さには個人差がありますが、毛が太く濃い人ほど痛みを感じやすいとされています。
ワックス自体にはお肌に優しいのですが、痛みに弱い人にはおすすめできないものとなります。

メリット
●ムダ毛を毛根から処理が可能
●ワックスの成分がお肌に優しい
●自己処理の回数を抑えられる
デメリット
●強い痛みを感じる恐れがある
●シートを剥がす際の刺激でお肌に赤みが生じる恐れがある

 

除毛クリームを使用

除毛クリームとは、専用クリームを塗り数分放置した後に拭き取るまたは洗い流すことでムダ毛を処理できるアイテムです。
専用クリームがムダ毛のタンパク質に反応し、毛を溶かすことでムダ毛を処理できる仕組みになっております。
カミソリと比較するとお肌への負担が少なく、処理後の毛穴が目立ちにくいことが特徴でございます。

しかし、クリームの成分がお肌に合わないと、痒みやかぶれなどの肌トラブルを引き起こす恐れがあります。
初めて除毛クリームを使用される場合は、必ずパッチテストを行ってから使用すると良いでしょう。

メリット
●お肌への負担が少ない
●手間が少ない
●簡単に入手できる
デメリット
●クリームの成分がお肌に合わない場合がある
●数日で次の毛が生えてくる

腕毛の処理をする際のポイント!

実際に腕毛を自己処理する際に気をつけたいポイントをご紹介します。
次のような点に注意しましょう。

毛抜き

毛抜きはNG

毛抜きでの自己処理は、お肌や毛穴に負担をかけてしまいます。
腕毛の処理に毛抜きは使用しないようにお願いします。
お肌や毛穴に負担をかけると、埋没毛(まいぼつもう)や毛嚢炎(もうのうえん)、色素沈着などの肌トラブルの原因となります。

 

腕毛を剃ると濃くなる?

腕毛をカミソリやシェーバーで剃ると、毛が濃くなるという噂を耳にしたことがあると思います。
結果からお応えしますと、腕毛はお肌に負担をかける剃り方をし続けていると濃くなる恐れがございます。
腕毛を剃り始めの時期は、腕毛がカミソリでカットされたことにより毛の断面が広くなり、毛が太く濃く見えるようになったり、チクチク感が強くなったりします。
この時点では、毛が濃くなっているわけではなく、毛が濃くなったように見えている状態です。
毛の断面が広くなったことにより、剃る前よりも腕毛が目立つようになることがあります。
しかし、腕毛を剃り続けていると本当に腕毛が濃くなっしまう可能性があります。

これは、体が肌を守ろうとする働きが関係しおります。カミソリやシェーバーを使ったムダ毛処理はムダ毛だけではなく、お肌の表面も剃ってしまっています。
すると、体がカミソリやシェーバーからの刺激から肌を守ろうとする為、毛が濃くなってしまうからです。

 

もし肌トラブルが起こってしまったら?

万が一、腕毛の自己処理で肌トラブルが起こってしまったら、放置せずに早く正しいケアを行いましょう。
腕毛の自己処理で起こりやすい肌トラブルには、毛穴の炎症と埋没毛(まいぼつもう)がございます。

それぞれの正しいケア方法をお伝えします。

毛穴の炎症

毛穴が炎症を起こすと、肌に赤いぶつぶつが生じます。
もし毛穴が炎症を起こされた場合は、炎症を抑える作用のある化粧水などを使用すると良いでしょう。
それでも炎症が治らない場合は、市販薬を使用されるか、皮膚科に受診してください。

毛穴が炎症を起こす原因には、不衛生なカミソリを使用されていることや、除毛クリームなどの成分がお肌に合わないことが考えられます。
再び炎症を引き起こすことがないように原因を理解し注意しましょう。

 

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛とは、『皮膚の下に埋まってしまった毛』のことをいいます。
毛はお肌にある毛穴から皮膚に向かって生えます。

しかし、何らかの原因によって毛穴が塞がれてしまい、本来皮膚に向かって生えるべき毛が皮膚ではない方向に向かって生えてしまうことがあります。

すると、毛が皮膚から出て来ずに皮膚の下で埋もれてしまい、皮膚の下に毛が透けて見えている状態になってしまいます。

塞がれた毛穴を元に戻して皮膚の表面から毛が生えるようにするためには、肌の乾燥や分厚くなった角質や肌のターンオーバーを整える必要があります。

 

腕脱毛の注意点

周囲の目が気になる

脱毛をされる場合、施術前に腕の毛を全て剃らなければなりませんので、人によっては腕の毛がなくなることで周りの視線が気になる方もいらっしゃいます。

特に脱毛していることを知られたくない人や剛毛でコンプレックスをお持ちの方は、周りから指摘されて恥ずかしい思いをするのではと感じられるかもしれません。

周囲の視線が気になるようでしたら、暑くても長袖を着てツルツルな腕を隠す必要がございます。

 

日焼けはNG

暑い夏場はどうしてもお肌の露出が増えますが、脱毛期間中は日焼け対策を行わなければなりません。

これは光脱毛がメラニン色素に反応して施術を行うので、肌が黒い場合は肌が元に戻るまで施術できない場合もございます。

夏に海や川、プールなどで遊びたい方、キャンプなどアウトドア派の方は、日焼け止め対策をしっかりされるか、日焼けしにくいシーズンから始めるなどの工夫が必要です。

 

費用が掛かる場合もある

腕脱毛は他の部位より効果を早く感じられるとお伝えしましたが、個人差があり体質的に男性ホルモンの影響を強く受けている方もいます。

ひじ上から肩にかけて背中の毛の延長上のように生えている場合は、男性ホルモンの影響が考えられ、キレイになるまでに平均以上の回数が必要になり、費用が掛かる場合がございます。

 

チクチクする

腕の脱毛効果が分かるまでの期間は短めですが、脱毛期間中はどうしても伸びかけの毛がチクチクします。

もし気になるようでしたら肌に優しい方法でシェービングしたり、ボディクリームなどでケアをしましょう。

まとめ

腕毛は、男性らしさの象徴となる場合もありますが、現在では不快感を与えることや、周囲の人に嫌悪感を抱かれることがございます。

これは、男性のムダ毛処理が人気になりつつあることが背景として考えられます。
半袖やノースリーブを着る機会が増える夏場や、腕毛が目立つ機会が多い人は腕毛を処理したほうが良いと言えるでしょう。

これまでにお伝えした腕毛の処理方法は様々ございますが、中でも脱毛がおすすめの方法であると言えます。

ムダ毛の自己処理は基本的に、お肌へ負担をかけてしまうことや肌トラブルの原因になるだけではなく、ムダ毛を濃くしてしまう恐れもございます。
メンズ脱毛であれば、お肌への負担は最小限に、確実にムダ毛を処理することができます。

ご自身に合った最適の腕毛処理方法を選択しましょう。

電話番号 052-265-6488