ヒゲ剃りで肌荒れが起きる原因と解消方法

ヒゲ剃りで肌荒れが起きる原因と解消方法

ヒゲ剃りで肌荒れが起きる原因と解消方法

ヒゲ剃りで肌荒れが起きる原因と解消方法

「ヒゲを剃るたびに、お肌がヒリヒリする」

「毎日のヒゲ剃りで肌荒れになる」

多くの人がヒゲ剃りで肌荒れを経験しております。そこで今回は、ヒゲ剃りによる肌荒れの原因と対策をご紹介します。

また、肌荒れの場合の対処方法や、肌荒れを防ぐためのヒゲ剃りアイテムについても説明しています。

この記事を読んだ後、ヒゲを剃った後の痛み、赤み、プツプツなどのお肌の悩み問題から解放されます!

 

ヒゲ剃りによる肌荒れの主な理由は5つあります。

ヒゲ剃りによる肌荒れの主な理由は5つあります。

ヒゲ剃りによる肌荒れの主な理由は次の5つです。

⑴電気シェーバーまたはカミソリの刃の長期使用

⑵シェービングクリームを使用していない

⑶ヒゲ剃りの仕方が間違っている

⑷ヒゲを剃った後に保湿をしていない

⑸アレルギーの反応が起きている

心当たりはないですか?考えながらお読みください。

 

①電気シェーバーまたはカミソリの刃の長期使用

①電気シェーバーまたはカミソリの刃の長期使用

長時間使用すると電気シェーバーやカミソリの刃の切れ味が低下するため、繰り返し剃る必要があります。

同じ部分を剃るほど、お肌への負担が大きくなり、肌荒れが起こりやすくなることに注意してください。

また、電気シェーバーやカミソリの刃を長時間使用すると、刃の表面にバクテリアが繁殖する可能性があります。炎症は、損傷した皮膚から細菌が侵入したときに発生します。

肌荒れを防ぐため、定期的に刃を交換することが重要です。キレイな刃を使用し、できるだけ何回も剃らないようにしてください。

 

②シェービングクリームを使用していない

②シェービングクリームを使用していない

シェービング剤は、皮膚表面の角質層を保護する働きをします。シェービング剤なしでもヒゲを剃ることは可能ですが、肌荒れを防ぐためにシェービング剤の使用をお勧めします。

シェービング剤なしでヒゲを剃ると、肌との摩擦が増し、肌荒れにつながる可能性があります。

シェービング剤は、皮膚表面の角質層を保護をするだけでなく、髭を柔らかくし、肌荒れを防ぐのに役立ちますので、ヒゲを剃るときにはシェービング剤を使用しましょう!

 

③ヒゲ剃りの仕方が間違っている

③ヒゲ剃りの仕方が間違っている

不適切なヒゲの剃り方は肌荒れの原因となる場合がありますのでご注意ください。次のヒゲ剃り方法は避けてください。

 

<間違ったヒゲ剃り方法>

●お肌に向かって刃を斜めに当てている

●肌が乾燥している状態でのヒゲ剃り

●過剰な力を入れて剃っている

●同じ箇所を複数回剃っている

●毛の流れを知らずに剃っている

 基本的に、電気シェーバーとカミソリは、皮膚と直角に軽くスライドします。 

また、同じ箇所を剃らないように、逆剃りで一気に剃るなど、できるだけ皮膚に負担をかけないヒゲの剃り方に注意してください。

 

④ヒゲを剃った後に保湿をしていない

④ヒゲを剃った後に保湿をしていない

髭剃り後は肌が乾燥しやすいので、保湿ケアが必要です。

保湿ケアを行わないと、乾燥肌はかゆみやツッパる感が生じたり、肌のバリア機能が低下し、肌荒れを引き起こしやすくなります。

ヒゲ剃り後は、適切な保湿ケアでヒゲ剃りによる皮膚の肌ダメージに注意してください。

 

⑤アレルギーの反応が起きている

⑤アレルギーの反応が起きている

まれですが、アレルギー反応により肌荒れを引き起こすことがあります。

ヒゲ剃りに関するアレルギーには、電気シェーバーやカミソリの刃に対する金属アレルギー、およびシェービング剤の成分が含まれます。

アレルギー反応で肌荒れの可能性がある場合は、ヒゲ脱毛することをお勧めします。

 

症状別|ヒゲ剃りで肌荒れが発生した場合の対処方法

症状別|ヒゲ剃りで肌荒れが発生した場合の対処方法

髭剃りによる肌荒れの場合は、適切な対策を行ってください。適切な注意を払えば、症状の悪化を最小限に抑えることが可能です。

●赤みとかゆみ

●ニキビやプツプツなどの炎症

それぞれの対策について説明します。

 

赤みとかゆみ|保湿剤と軟膏で対処

赤みとかゆみ|保湿剤と軟膏で対処

赤みとかゆみは、ヒゲ剃りによる「乾燥」と「炎症」が原因であると考えられています。

ヒゲを剃った後はお肌がデリケートな状態なりますので、まずは保湿してください。

乳液や化粧水で保湿することで、お肌に水分を閉じ込めて、肌を清潔に保つことが期待できます。

十分に保湿した後、さらに軟膏などを使用すると効果的です。

軟膏は、必要に応じて皮膚科医が処方することができます。一般的な化粧品よりも強い抗炎症作用が期待できるので、炎症がひどい場合は皮膚科医に相談することをお勧めします。

 

ニキビやプツプツなどの炎症|軟膏や飲み薬で対処

ニキビやプツプツなどの炎症|軟膏や飲み薬で対処

ヒゲを剃った後の、ニキビやプツプツがある場合は、軟膏や飲み薬を使用してください。

ニキビは、アクネ菌の増殖を抑制する薬を使用してください。

小さなニキビなどのプツプツは「毛嚢炎」と呼ばれ、ニキビとは異なり軟膏も違うため注意することが重要です。毛嚢炎には、ステロイドや抗菌剤を含む軟膏が使われます。

対処の仕方がわからない場合は、皮膚科医に相談することをお勧めします。

 

肌荒れを防ぐための正しいヒゲの剃り方

肌荒れを防ぐための正しいヒゲの剃り方

肌荒れを防ぐためには、正しくヒゲを剃ることが重要です。次の4つのステップで髭剃りをしましょう。

 1.ぬるま湯で顔を洗う 

1.ぬるま湯で顔を洗う

ぬるま湯で顔を洗うことで、ヒゲを柔らかくし、なめらかにヒゲを剃ることができます。

 2.シェービング剤を塗る 

2.シェービング剤を塗る

シェービング剤を塗ってお肌をケアします。シェービング剤を塗ると、ヒゲが柔らかくなるだけでなく、肌が滑らかになり、ヒゲが剃りやすくなります。

 3.力を入れず、ヒゲを剃る 

3.力を入れず、ヒゲを剃る

電気シェーバーカミソリを肌に対して直角に持ち、肌を滑るようにヒゲを剃ります。

 4.アフターシェーブまたは化粧水で保湿します。 

4.アフターシェーブまたは化粧水で保湿します。

アフターシェーブまたは化粧水で保湿して、ヒゲ剃りによる皮膚の負担を抑制します。

 

肌荒れを防ぐ|見直すヒゲ剃りのアイテム選択

肌荒れを防ぐ|見直すヒゲ剃りのアイテム選択

肌荒れを防ぐために、ヒゲ剃りのアイテムを見直すことも重要です。

どれだけ適切なヒゲ剃り方法を採用して実施しても、肌に合ったものを使用しない限り、肌荒れは改善されません。

肌に負担をかけないヒゲ剃りアイテムを使用し、手順を踏んで正しい方法でヒゲ剃りすれば、赤みやプツプツから解放されます。

ヒゲ剃りアイテムを選ぶ主なポイントは以下のとおりです。

  • カミソリよりも肌に良い電気シェーバーを選択する
  • カミソリを選択するときは、敏感肌用を選択する
  • お肌をケアし、潤いを与える成分を配合したスキンケア化粧品を選択する

 

電気シェーバー|肌荒れしやすい方はシェーバーがお勧め

電気シェーバー|肌荒れしやすい方はシェーバーがお勧め

肌荒れしやすい男性は、T字カミソリではなく電気シェーバーを選択しましょう。

電気シェーバーは直接、刃の部分が肌に触れない仕組みになっている為、肌への負担が少なくなります。

【Q&A】ヒゲ剃りによる肌荒れを防ぐコツ

最後に、ヒゲ剃りに関するよくある質問にお答えします。

 

Q.オロナイン軟膏やニベアクリームは、ヒゲ剃りによる肌荒れに本当に効果がありますか?

A.オロナイン軟膏とニベアクリームは肌荒れの治療に期待できます。

しかし、皮膚科治療ほど効果的ではありません。症状が軽度の場合は使用することができますが、症状が悪化している場合は皮膚科医に相談することをお勧めします。

 

Q.ヒゲを剃った後に乳液のみで問題はありませんか?

A.乳液のみでは不十分です。乳液にはオイル(油分)が多く含まれており、水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

乳液を塗る前に、まず化粧水を使用し保湿成分をお肌に浸透させることが重要です。必ず化粧水→乳液の順に保湿してください。

 

Q.ステロイドはカミソリ負けに効果的ですか?

A.ステロイドはかゆみや赤みなどの炎症を抑える働きがあり、カミソリ負けに効果があると言われています。

しかし、免疫抑制による細菌への耐性の低下により肌荒れが悪化するリスクはゼロではありません。心配な場合は、皮膚科医に相談してください。

 

Q.マスクを着用しているのでヒゲを剃る必要はありますか?

A.マスクの有無にかかわらず、ヒゲ剃りをして清潔に保つことが重要です。

いつでも顔を見られても良いように、ヒゲ剃りをおろそかにしないようにしましょう。

 

概要:適切なヒゲ剃りとケアで肌荒れを防ぎましょう!

概要:適切なヒゲ剃りとケアで肌荒れを防ぎましょう!

ヒゲ剃りによる肌荒れを防ぐためのポイントは以下のとおりです。

 

●清潔な刃を使用し、できるだけ数回でヒゲを剃る

●シェービング剤を使用して、ヒゲ剃り時に肌を保護する

●電気シェーバーとカミソリは皮膚を直角にあてながら軽く滑らせる

●ヒゲ剃り後は、適切な保湿ケアでヒゲ剃りによる皮膚の損傷を防ぐ

●肌への負担が少ないヒゲ剃りアイテムを使用する

 

肌荒れの方は、ヒゲ剃りアイテムの見直し、対策、正しいヒゲ剃り方法が重要です。

自分に合ったヒゲ剃りアイテムを使用し、手順を実行して正しいヒゲ剃り方法を実行すると、肌荒れが徐々に改善するでしょう!

まずは、すぐにできることを試して、肌荒れのない美しい肌を目指しましょう!

 

無料カウンセリング お問い合わせフォーム

教えて‼オスカル先生 メンズ美容用語

The following two tabs change content below.

メンズ脱毛専門家- 鈴木一輝氏 監修

9年以上脱毛業界に携わった自身の経験や1日25人脱毛施術歴と10000人以上のお客様を施術をした豊富な経験を活かし、皆様の気になるヒゲ脱毛やメンズ脱毛に関する情報をご紹介していきます。

最新記事 by メンズ脱毛専門家- 鈴木一輝氏 監修 (全て見る)

電話番号 052-265-6488